検索

Schöck Bauteile GmbH信頼に支えられて

Schöck Bauteile GmbH(ショック バウタイレ有限会社)は、世界中で事業を展開するショックグループの一企業として、世界14箇所に販売拠点を置き、従業員890名を擁しています。2017年、欧州、ロシア、北米にある弊社の法人では、1憶7990万ユーロの売上を計上しました。弊社では、高度な建築物理的メリット、および特殊な素材および組み込み特性によって建設業界における最新のニーズに対応し、トレンドセッターとなる製品の開発と製造に重点を置いています。バルコニー等の突出した構造体における構造熱橋(ヒートブリッジ)の発生を回避するソリューションや階段室における衝撃音の発生を軽減するソリューション、断熱特性を持つファサード固定システム、そして現代的なコンクリート補強技術がその例です。

1962年、弊社のサクセスストーリーは南西ドイツの”黒い森”の麓で始まりました。創設者であるエーベルハルト・ショックがSchöck Bautrupp社を創設し、プレハブ住宅のための地下室の施工を始めます。その後彼は、ここで蓄積した建設現場についての知識や経験を活かし、現場における手順を簡素化し、建築物理的な問題を解消する製品の開発を始めます。それ以来、弊社の製品は非常に合理的な構造方式を実現し、持続可能な構造品質を確保し続けています。

中でも画期的な発明は、断熱支持構造体「Schöck Isokorb®(ショック イソコルブ) 」です。この製品によって、ショックは建設業界に軌跡を残しました。これは、バルコニーやアーケード、軒等の突出した構造体に使用される製品です。建築物の新築だけでなく、改築やパッシブハウスにも使用されています。また、「Schöck Tronsole®」も業界で有名な製品です。階段室における衝撃音の発生を軽減するこの製品によって、ショックは人々に安らぎを与えました。

さらに未来志向の製品として、ガラスファイバーロッド「Combar® 」も発売しました。この「Schöck Combar®」は、ガラスファイバー補強材や「Schöck Isokorb®」またはファサード固定システム「 Schöck Isolink®」の引張材等、多くの製品およびソリューションの中で使用されています。合成ファイバー素材を使用して自社開発工法によって製造したこの「Combar®」ガラスファイバーロッドは優れた素材特性を有しています。この製品は建築環境工学的な試験にも合格しており、腐食しない、特に寿命の長い建材として認められています。「Schöck Combar®」は熱伝導性も導電性ももたず、磁性ももたないことから、多くの特殊構造物に適しています。このようにして、弊社のお客様には多様な現代的建築技術をご提供しています。

ショック社のビジョン
Eberhard Schöck_16z9_FHD.jpg

当社のビジョン

  • 当社およびショックイソコルブSchöck Isokorb® は世界の建設業界で知られています。当社は、鉄筋技術、熱および音響の伝達最小化をめざす建築物理ソリューションの分野では欧州市場をリードしております。
  • 当社はSchöck グループの価値を持続的に高めていくために高収益を目指します。当社の焦点は、短期的な成功ではなく、将来に向け、お客様、社員および市場でのパートナーの皆様にも役立つような長期的な価値の増大にあわせております。
  • 当社は、環境および社会に対する責任を果たしながら、株主のために魅力的な配当を創出することを目指しています。

常に一歩先を行く

当社の使命

  • 構造上の不具合(熱および音の伝達)を防止することによって、住まいの質を向上させ、住み心地のよさを確かなものにします。
  • 建設の作業手順を簡略化し、質を向上させます。
  • サーマルおよびサウンド・インシュレーションの市場リーダーとして、常に革新的で、すぐれた問題解決能能力を有する、お客様にとって頼りになる協力パートナーであることを目指します。

当社は建築を改善します

価値と行動の指針

  • 私どもは、企業家的な立場から部署や領域の境を越えて考え、行動します。同僚や他の部署を内部の顧客であると認識しています。
  • 能力を最大限に発揮することこそ当社の重要な成功要因です。
  • 当社はパートナーとオープンに、そして公正にお付き合いします。お客様の満足度が、私どもの行為と行動を決定します。
  • お客様に品質的に価値の高い製品とサービスをいつも提供できるよう、当社は持てる知識と能力をフルに活用します。
  • 当社はプロセスを継続的に改善しようと努力しています。
  • 当社は失敗を業務改善のチャンスと考え、一人一人がその原因を究明し、除去しようと努めます。
  • 対立が発生するのは当然のこと。当社はそれについてオープンに表明し、迅速かつ公正な方法で対処します。
  • 当社では各自が、それぞれの観点で、コンプライアンス指針に従って法規や社内規定、自分たちの活動する社会や国の規則を遵守します。
  • 当社にとって中心にはいつも人間がいます。従いまして当社は社会の中のすべての領域と同様に、企業内の社会的な共生に取り組んでいます。

統率と協力

  • 当社の管理職員は、それ以外の従業員を援助、啓発し、それによって最大の能力を引き出すための模範になっています。
  • 当社は目標を持って指導し、従業員に対して責任と判断の余地を与えます。
  • 指導プロセスの成功に対する責任は、管理職員にもそれ以外の従業員にもあります。
  • 私どもは直接的で、オープンで、そして真剣なコミュニケーションを行っています。
  • 当社は、管理職員の能力を検証するために公正なフィードバックを与え、要求し、助けています。
  • 従業員に明白な方向性を示すために、価値の尊重と明確性をもって、業績、姿勢、対立に関して話し合います。
  • 統一性のある指導を実施する際に、当社は適切な指導のモデルを使って説明しています。
ショックジャパンついて

ショックジャパン株式会社は、ショック社(Schöck Bauteile GmbH)製品の日本における評定業務、日本国内で使用する全てのイソコルブ製品の輸入及び販売を担当しております。また、イソコルブのご採用に当たっては、ショックジャパン株式会社一級建築士事務所として、応力算定、製品の仕様選択及び設計資料の作成等を行っております。

お問い合わせ先

ショックジャパン株式会社
東京都中央区日本橋本町4-7-10

電話番号: 03-5255-6573

ファックス: 03-3245-0650

メールアドレス: info@schoeckjapan.com

Map